トリートメント

美容院のトリートメントと市販のトリートメントの違いは?修復能力の高さが違う

美容院のトリートメントと市販のトリートメントの違い

美容院のトリートメントを高いなぁと思ったことはありませんか?だってトリートメント1回で市販のボトルを3本も買えてしまうなんてこともありますよね。そんな時に素朴に感じるのが「一体何が違うの?」というところ。実際に市販のトリートメントと美容院のトリートメントは違います。その違いについて今回はお伝えいたします。

市販のトリートメント

市販のトリートメントは、特に髪の内部よりも表面を保護するものが多いです。髪をコーティングして、綺麗に見せます。そのため、シリコンが多く含まれているのが特徴。指どおりが良くなったり、艶が出たりするので、髪のダメージもなくなったと思ってしまいがち。

しかし実際には、髪の表面がコーティングされているだけのなので、髪のダメージはそのままです。時間が経てば経つほど、コーティングが剥がれて艶もなくなり、髪がきしんできます。髪のダメージを市販のトリートメントでケアしようとするのは、かなり無理があるわけです。

髪のケアよりも、髪を保護する機能のほうが強いのが、市販のトリートメントです。通常のトリートメントの成分だけではなくて、コンディショナーやリンスのような成分が含まれています。つまり、髪の外側のコーティングを加味しているということです。

やはり、外側をコーティングしたほうが、使用感は良くなります。そのトリートメントを使ってから、艶が出たり、さらさらになったのであれば、つい商品に対する評価も良くなりがちです。より多く売るために、市販のトリートメントは、コンディショナーに近くなっているのが現状です。

美容院のトリートメント

ダメージを受けた髪そのものを修復する機能が高いのが、美容院のトリートメント。髪に必要な栄養成分をたっぷり補給することが可能です。しっとりと保湿されて、まとまりのある美髪に導きます。

髪の内部からケアされるので、その効果も長続きするのが特徴です。1週間以上は、健康な髪が維持されます。

市販のトリートメントとの決定的な違いは、この栄養成分の量。髪のコンディションを良くする栄養がふんだんに含まれています。髪の内部からケアして、ダメージを修復します。

ダメージが大きい方は、美容院のトリートメントを

やはり髪のダメージが大きい方の場合には、市販のトリートメントでは、修復できません。そんな時は美容院のトリートメントを使うのがおすすめですよ!美容師にご相談いただければ、お客様にあったダメージ修復プランをご提案させていただきます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>