トリートメント

ダメージヘアに必要な成分はどんな成分?

ダメージケアに必要な成分

ダメージヘアで悩んでいるけれど、どういった成分が必要なのか分からないという人は多いです。今回は、特に健康な髪に必要な栄養素や、ダメージヘアを保護する成分について解説していきます。

髪はケラチンでできている

ダメージヘアに必要な栄養成分を考えるにあたっては、まずは髪が何でできているかを知る必要があります。髪は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質からできています。このケラチンは、18種類に及ぶアミノ酸で構成されています。そして、そのアミノ酸のなかでも、最も多く含まれているのが、シスチンです。

シスチンが多くなればなるほど、強く太く、健康的な髪になります。シスチンはパーマ剤にも用いられています。一方で、髪の色に影響を与えるアミノ酸が、チロシンです。黒髪を生成するメラニン色素は、チロシンから作られています。艶やかな黒髪を作るためには、ケラチン、そのなかでも特にシスチンやチロシンといったアミノ酸が大事になってきます。

シスチンやチロシンを多く含む食材は?

シスチンやチロシンが含まれる食材としては、青魚や牛肉、卵や大豆などが有名です。そしてアミノ酸の合成には、ビタミンや亜鉛といった栄養素が必要です。それらが多く含まれる緑黄色野菜や海藻類の摂取も大切になってきます。

近年、注目のダメージヘアを保護する成分

ゼイン

ゼインは、トウモロコシから抽出した髪を強くする成分です。指どおりを良くしたり、艶を与える目的で、ヘアケア商品にはよくシリコンが配合されています。この効果をより身体や髪に優しい植物由来の成分として代替しようと出てきたのが、このゼインです。トウモロコシからコンスターチを生成する過程で排出されるゼイン。そのため、ダメージヘアのケアだけではなくて、エコの観点からも非常に注目されています。

ポルフィラン

スサビノリ由来の海草エキスが、髪をダメージから保護してくれます。これがポルフィランです。そもそもスサビノリは、有明海一帯で養殖されていて、日本人の食文化に馴染み深いものです。スサビノリの細胞にはポルフィランが含まれていて、これを主とする海草エキスは、均一で柔らかい皮膜を作ります。キューティクルを保護して艶を出す成分として大きな関心を集めるようになっています。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>