トリートメント

髪のダメージ(傷み)は生活習慣から?

髪のダメージは生活習慣から

髪の毛のパサつきや枝毛、切れ毛など気になる髪のダメージ。髪の傷みになるものは大きく分けて4つあります

「生活習慣によるダメージ」「パーマやカラーなどの(化学的な)ダメージ」「熱による(ドライヤーとかアイロン)ダメージ」「エイジング」の4種類です。

今回その中でも「生活習慣によるダメージ」についてまとめさせていただきます。

生活習慣の傷みとは

1.シャンプーの時など乱暴に髪を扱う

毛髪の表面全体をおおっているキューティクルという部分があります。キューティクルは髪につやを持たせる働きをしまが、キューティクルは摩擦に弱いのでシャンプーの時など乱暴に髪を扱うとキューティクルは、すぐにはがれてしまいます。

キューティクルが剥がれてしまうと、髪の毛のつやを失うだけでなく切れ毛の原因にもなります。シャンプーをする時に髪の毛同士を擦り合わせて、ガシガシと汚れを落とすのではなく、ふんわりと泡で汚れを包み落とすようなイメージで髪の汚れを落とすと良いでしょう。

2.濡れたまま自然乾燥

濡れたまま寝たりとか、濡れてる状態でブラシでひっぱる行為は危険です

乾かしていない濡れた髪は摩擦によるダメージを受けやすい状態です。

例えば濡れた昆布と乾いた昆布。濡れてふやけた昆布は爪でひっかくと簡単に傷が入ります。一方乾いた昆布は多少爪で引っかいても大きな傷は入りません。

髪の毛が濡れて柔らかい状態で放置していると、すこしの摩擦でキューティクルが剥がれてしまいます。

髪の毛を濡れたまま放置せず、ドライヤーを使って髪の毛を乾燥させ、水分でふやけた状態をなくしましょう。

3.ドライヤーでのオーバードライによる乾燥

乾かす行為は悪いものではありません。しかし、乾いてる状態で過剰にドライヤーを当ててしまうと、キューティクルが浮き上がって、必要な水分まで乾燥させてしまいダメージを受けてしまいます。こちらは、髪の組織まで破壊してしまう恐れがありますので、注意です。

濡れたままでもダメ。かといって乾燥させすぎもダメなのです。ダメージを防ぐには、適度な水分量を保つことが大切なのです。

4.無理なブラッシング

激しいブラッシングの仕方も、キューティクルをはがしてしまうことになります。

キューティクルは摩擦に弱いので、激しいブラッシングを行うと表面を傷つけ、キューティクルを剥がしてしまいます。

朝の出勤前など時間がなくて、髪の毛が絡まっているときなどつい力任せにブラッシングしてしまいがちですが、これがダメージのもとに。髪の毛が濡れている場合は特に注意が必要です。

5.紫外線によるダメージ

髪の毛は、紫外線を吸収しやすいという特徴があります。紫外線を吸収した毛髪内部の水分保有率がさがります。髪のタンパク質の構造が変化するからだと言われています。

さらに太陽光を長時間浴びると何層にも重なってるキューティクルの結びつきがダメージを受け、キューティクルが反り返るので手触りが著しく悪化します。

日差しの強い夏場には帽子を被ったり、いつもより保湿に気を配るとダメージを最小限に抑えることができます。

6.その他

埃混じりの強い風、クーラーや暖房などの空調による乾燥、プールや海など塩素やカルキ、塩による乾燥などが挙げられます。

プールの監視員さんやライフセーバーといったお仕事をされている方は、強い日光に追加して塩素や塩、埃混じりの強い風にさらされているので、髪の毛のダメージが進みやすいのではないでしょうか。

摩擦や乾燥によるダメージから髪を守るために

摩擦や乾燥によるダメージから髪の毛を守るために、アウトバス(洗い流さないトリートメント/乾かす前のトリートメント)というものがあります。

アウトバストリートメントには大きく分類してOILタイプと、ミルクタイプ、OIL+ミルクの3種類。さらに紫外線から守るUVタイプなどがあります。

髪質や用途にあわせ手触りや手通りだけでなく有効成分や、補修力などに関わりますので美容師にご相談してみてください。

※アウトバストリートメントは別の機会でまとめさせていただきます

hatta_s

中村 猛 MODE K’s 塚本店・甲東園店 代表

サロンのオーナーであると共に、20年間トップスタイリストとして技術を追い求める求道者。また、ユーモア溢れるセンスと、型にハマらない提案が魅力で、イメージを変える時には良き相談役として頼りになります。色、形のバランスへのこだわりはもとより、髪質やダメージといった質感から考えることで、その人が本来持っている魅力を最大限に引き出してくれます。
野里、柏里、姫島、歌島、新北野、花川、御幣島、姫里、十三今里、大和田、加島、田川、十三東といったエリアからの来店、指名を多く集めています。

このスタイリストで予約

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>