パーマ

最もおすすめ!低温デジタルパーマとは?

低温デジタルパーマ

前回のパーマの種類についての残りのご紹介です。今回はランテルナでも最もオススメするパーマになります。それは…

低温デジタルパーマ

デジタルパーマ。ランテルナのデジタルパーマは通常のデジタルパーマではなく低温であてていくものになります。
通常の工程との違いは?

答えは全て違います。まずロッドの温度ですね。通常のデジタルパーマでは90〜110度の温度でパーマをかけていくのですが低温だと50〜65度程度の熱であてていきます。この温度の違いが後に起こるダメージに大きな差を生んでいきます。

髪の毛はアミノ酸の集合体のタンパク質でほぼ構成されているのですがこのタンパク質は以前にもお伝えしたのですが熱に非常に弱いとされています。

どの程度の熱で影響がでるか??それはおよそですが90度以上と言われております。影響とは美容師の間では熱変性と言われていて例えで言うと生卵に熱を加えると白くなり固まりますよね?そんな感じです。

要は原型を熱により形を変えてしまうという事です。これによって髪はタンパク変性を起こしダメージに繋がります。しかも熱変性によるダメージは厄介なことなパーマのかかり方やカラーの発色に大きな影響を与えることがあります。なのでこの工程を行う際は知識と経験豊富な技術者、信頼できる美容師さんにお願いすることを強くお勧めします。

話が逸れましたがランテルナのデジタルパーマは低温です。よって熱変性を起こすことはまずありません。しかも通常のパーマより持ちもいい。そしてしっかりあたるとともにダメージを大幅に軽減できる。パーマの際はできる限り低温デジタルパーマをオススメします。

得意なスタイルはワンカールからウエーブ、コテで巻いた様なカールスタイルまでかなり幅広く対応してます。
是非ともお試しあれ!!?

根元の立ち上げパーマ

??具体的すぎるこのパーマ。その名の通りのパーマです。縮毛矯正の仲間で強制的に根元から立ち上げを作ってくれるのがこのパーマです。よくあるかと思いますが根元からの立ち上げって中々自分でスタイリングする事って難しいんですよね。。。更に加齢とともち根元からの立ち上げがなくなり相当ペタンとしまうこの悩み。これを意図も簡単に解決できます。

このパーマの良いところとしてそのポイントだけを集中してあてることができます。よってかなりの時間が短縮できます。大体20分前後で完成します。しかし縮毛矯正??と不安なことも。。。

ですが縮毛矯正も当て方によってはかなり武器になります。この根元パーマに関しては縮毛矯正のようなパキパキの仕上げにはならずまたカラーやパーマの影響を及ぼすことは一切ありません。そこは技術でカバーできます。

加齢に伴うボリュームダウン、元々ペタンコの方にはかなりのオススメですよ!

いかがでしょうか??パーマだけでもこんなにも種類がありデザインの幅としてマストにもなり得るパーマ。日々のスタイリングにデザインのプラスとスタイリングの快適さを皆さまも取り入れてはいかがでしょうか?

hatta_s

八田 利宏 Lanterna MODE K’s 甲東園店 サロンディレクター

スタイリスト歴12年。現在は甲東園店のサロンディレクターを務める。長年蓄積した経験をもとに、自宅でもできるヘアケアの重要性を提唱。髪質の根本的な改善によるスタイリングを目指し、お客様から絶大な人気を得ている。

このスタイリストで予約

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>