ヘアケア

知らなかった!気温でダメージ?冬の髪の乾燥対策

出典:http://topicks.jp

ここ最近お肌の乾燥が気になりませんか??気温も下がり過ごしやすくなってきている反面湿度も下がるにつれ、乾燥対策がこれから必須になってきます。

何故乾燥対策が必要か?

その前にみなさん経験ないですか??夏、冬の時ってお肌の調子がなんか優れないですよね?その時髪の毛も何かしら変化していませんか??
夏であれば極度に毛先のパサつき、全体のきしみ、カラー毛であれば表面の退色。
冬であれば襟足のもつれ、髪の毛全体的に指通りの悪さ、パサつきなどなど誰しもが実体験されているかと思います。

季節に応じた髪対策が必要

日本は春夏秋冬あるから素敵かつ色んな楽しみがある反面、季節に伴ったそれなりの環境への対策が必要なのです。
季節の変わり目に髪の毛がある程度抜けたりなどは体が判断して順応するんですが表面即ち髪の毛、お肌は環境への対応に中々追いつかないのも事実です。それを自分自身で補う事が必要です。そうそれらがヘアケアであったり、頭皮、髪の毛、お肌の乾燥対応であります。。。
実際にこれから本格化して行く冬の乾燥対策について説明していきます。

秋口にかけて予測される髪の毛の変化。それは髪表面の退色、毛先のパサつき。
これは夏の紫外線からの影響が大きく関わります。
紫外線は髪の毛の乾燥、強度の低下、髪表面のザラつき、色素、光沢の消失などの影響があります。しかも厄介なことに詳しく機構が未だに解明されていません。
更に髪の毛のが紫外線を吸収することにより髪の毛のの主成分であるタンパク質(アミノ酸)が酸化して別の物質に変わってしまいます。

大袈裟にはなりますが要は髪の毛の本来の形、構造を失うことになります。そして髪の毛の結合が切れて強度がなくなり弱った髪の毛のとなります。
更にの更に、空気中の湿度が下がることにより髪の毛の内部に含まれる水分までもが失われ結果ダメージとなります。

ここまで酷いとは思ってもいなかったですよね??事実僕自身もここまでとは最近まで知らない事実でした。

よって何が必要なのか??

だからと言って外に出ないわけにもいかないし…
まずは夏の紫外線をできるだけ浴びないようにケアしておきましょう。
最近では髪の毛のUVスプレーなども主流となってますので必ず外出時は付けるようにしましょう。

手遅れ!?大丈夫!しっかりダメージ対策

しかしもう手遅れの方も。。。
その際は、、、まずはシャンプー、トリートメントを市販のもなでなくサロンのシャンプー、トリートメントに変えてみましょう。少し高価にはなりますがそれなりの効果が得れます。
シャンプーを変えることにより必ず言えることが現状のダメージ以上に余計なダメージを加えることがないのです。市販の物を悪く言うつもりはあまりないですが更にダメージを課すものも少なくはありません。
更に物にもよりますがコラーゲンなどにより保湿成分が入っていたりケラチンタンパク質が配合されていることにより強度を増すことができます。

続いて行うケアはアウトバストリートメント、即ち洗い流さないトリートメント。これらも日々の乾燥から油分の皮膜で保護できます。更に補修成分が入っていれば髪の毛のの強度を増しパサつき、きしみを防ぐ事が出来ます。

以上です。。案外これだけでパサつきのケアもできるし今後のカラーやパーマの阻害になるダメージを防ぐ事が出来るとともに美しい髪へ導いてくれるでしょう。

あっ!因みにこのケア方法はどんなダメージにでも効果があります。また日々のヘアケアのベースになると言っても過言ではないので是非皆さんやってくださいね!

ではまた!!!

hatta_s

八田 利宏 Lanterna MODE K’s 甲東園店 サロンディレクター

スタイリスト歴12年。現在は甲東園店のサロンディレクターを務める。長年蓄積した経験をもとに、自宅でもできるヘアケアの重要性を提唱。髪質の根本的な改善によるスタイリングを目指し、お客様から絶大な人気を得ている。

このスタイリストで予約

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>