ヘアケア

クセ毛と上手に付き合う方法3つのポイント

出典:http://girlschannel.net

毎朝格闘しなければならないクセ毛。忙しい時間帯になんとかしたい!と思いませんか?
実はこんなポイントを抑えるだけで、簡単にクセ毛との付き合い方がかわります。

但し!ひとつだけ!!!

現状のクセ毛をストレートヘアに生まれ変わることは今の現状では不可能です。
ハッキリ言います。残念ですがクセ毛に生まれて来た方はほぼ一生クセ毛と付き合いが必要です。嫌と思う方が大半ですね。
ただ実は直毛のストレートヘアの方は実は逆の発想でクセ毛にものすごく憧れを持っています。信じられないかとは思いますが…
僕からしてみればストレートもクセ毛もそれぞれ個性を持ったヘアスタイルなのです。その個性を貴女方が特性、特徴を理解し、上手に付き合う事により克服できるのです。
なので!まずはクセ毛の特徴から知っていきましょう!

出典:<a href=“https://www.bidan.co/staff/加齢とクセ毛の関係”>https://www.bidan.co  </a>

なぜクセ毛になるの??

クセ毛といえば「うねる」「広がる」「パサつく」が大体の特徴ですね。そればなぜか??
まさしくほぼですが遺伝です。両親がクセ毛ならほぼ産まれてくる人はクセ毛です。ハッキリ言ってどうしようもありません。
のでどう扱っていくかですね。。。これは後ほど紹介します。
次に考えられるのはホルモンバランスの変化です。この話はよく聞いたことはありませんか?野球部でずっと坊主にしてて引退したので髪を伸ばしたらクセ毛になっていた!なんてこと。。よく聞きますよね?
ハッキリいいます。坊主が原因ではないですよ!野球部に必死になっている頃って成長期、思春期なんですよね!この時期は身体が大人になる過程で色んな変化が身体の中で起こっています。この過程でクセ毛になっていることが多いのです。
これに付け加えてですが毛根の歪み。この歪みのせいでクセ毛となるのです。

では何をどうしていくか?

1.まずはケアですね!

まさしくクセ毛用シャンプー、トリートメントなどを使用することです。一般的な違いとしては大きく言うと水分量の違いです。その水分を維持する力も持っています。
クセ毛は大体の方に当てはまるのがパサつく、広がるですね!その髪に水分を加え、維持できれば収まりますよね??
こういった物を使用するだけでパサつき、広がりを抑えると共にスタイリングのやり易さが格段にアップします!

2.前日にしっかりと乾かす、延ばす

朝大変なのはほんとやめて欲しいですよね?朝からブローを頑張るのではなく前日に如何にきっちりブローするかで時間がかなり省けますよ!ではどのようにブローするのでしょうか?
それはドライヤーの風の当て方、手ぐしにこだわってください。
基本的に正しい乾かし方として根元、中間、毛先の順番で乾かすのは変わらないんですが風の当て方を下から上に向けてではなく、上から下に当ててタイトに仕上げていきます。それと同時に何回も手ぐしを通して下さい。そうすることによりブラシでブローするほどではないですがかなり毛先がまとまります。そして艶もだせます。
この様にして朝の準備を前日から行いましょう!ビックリするほど朝の髪の広がりを抑えることができます。
それでも寝癖で広がることもやはりあります。そして次に…

3.広がり、ハネ、うねりには水分を

どうしても寝ている間についてしまう寝癖。前日からがんばってブローしてもひとによってはついてしまう厄介なやつ。。。
しかしある事を意識してほんの少し手間を加えるだけであっという間に解決する方法をお伝えしますね!
用意するものは霧吹きです。これをハネたり、広がっているところに吹きかけるのですがかなり重要ポイント!
その箇所の根元から濡らしてください。中間、毛先だけを濡らして乾かしても直らないのです。根元から丁寧にその患部を濡らしてしっかり馴染ませブローしてみてください。驚くほど簡単に寝癖が収まりますよ!
まあもちろん全体をシャワーで濡らして乾かすのが一番なんですが朝からこの労力は毎日はキツイですよね。。。霧吹きでいっぺんやってみてください!

いかがでしたか?朝のクセ毛の対策。朝だけではなく前日から準備しておくことによりかなりの時間を短縮でき、かつステキなスタイリングを実践してみてくださいね!

hatta_s

八田 利宏 Lanterna MODE K’s 甲東園店 サロンディレクター

スタイリスト歴12年。現在は甲東園店のサロンディレクターを務める。長年蓄積した経験をもとに、自宅でもできるヘアケアの重要性を提唱。髪質の根本的な改善によるスタイリングを目指し、お客様から絶大な人気を得ている。

このスタイリストで予約

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>