ヘアケア

案外知っているようで知らない正しいシャンプー、トリートメントの仕方って??

正しいシャンプー、トリートメントの方法

何気に毎日行われているシャンプー、トリートメントの仕方。。。何か意識して行われていますか?美容院でシャンプーした時と家でやった時となんか違うってことありませんかー?
ちゃんとした行程で行うことによりより一層髪、頭皮のコンディションを良くすることができるんです。
その行程をいくつかに分けてご説明させていただきます。

1.いきなり髪を濡らさないで!!!

そう!ブラッシング!!!

ショートの長さであればそんなに意識的にすることもないのですが(手ぐしでスルスルのしていただくとベスト)ミディアム、ロングにもなると必ず縺れが発生してます。
この縺れた状態で髪を濡らすとほぼほぼより酷く縺れます。
酷く縺れた髪を濡れた髪の状態で行うことによりこれだでダメージになります。(連載記事の濡れたまま寝てしまうとの記事に詳しく書いてます)
なので軽くでいいのでブラッシングしましょう。
ブラッシングの基本は毛先から優しく丁寧に少しずつ、そして根元から毛先にかけてブラシが通ればよいです。
過度のブラッシングは摩擦により傷めてしまうのでほんと軽くでいいです。
ブラシが無い方は??なにもしないより手ぐしである程度でも大丈夫ですよ!優しくで!

2.では濡らしていきましょう!

髪の毛をシャワーで濡らす

出典:googirl.jp

さてさて。。。ここからも既に美容室と家庭のシャンプーの差がありますよー。。
大体の方に聞くところによると濡らすだけとの声が…
これが大きな間違い!!!タイトルで濡らしましょうと言ってるものの実際ここで行うことはすすぎです。
ではどの様にすすげはいいか?

•まず全体をしっかり濡らしましょう。
•その後シャワーのお湯と反対の手で頭皮全体を優しく擦っていきます。できれば色んな方向から攻めていきましょう!
•こめかみ、頭頂部、耳後ろ、襟足は特にしっかりと!
•時間の目安は2〜3分ぐらい

実はこれだけなんです。が、このすすぎの意味を理解するだけで劇的に変わります。
何故ならこのすすぎだけで頭皮、髪の汚れは60〜70%落ちます。これだけ落とせばシャンプー剤の量も必然的に減らすことも出来ます。
更に豆知識ですがカラーをした直後から一週間以内はかなり緩めの温度でのすすぎをオススメします。これだけでカラーの褪色を防ぐことが出来ます。
しっかりとすすぎを行った後は。。。

3.シャンプー剤をつけましょう

はい!!ここもプロのシャンプーとの差がでるところ。。。
恐らく大体の方はシャンプー剤を手に取りそのまま髪にオンしてませんかー??
ここが違うのです。

さて正しい方法は??

まず量から解説します。大体の家庭ではポンプをシュコシュコしてるかと思います。5回も6回もやってませんかー??
やってる方はこの記事を読まれた瞬間から改めてくださいね笑
適量としてはショートで1プッシュ、ボブからミディアムで1.5〜2プッシュ、ロングで2〜3プッシュで十分です。

シャンプー剤を手に取りここで手の平で出来るだけ馴染ませます。少し泡だつところまでできるとベスト!
それを髪の毛の中間から根元付近にかけて全体に馴染ませましょう。そして泡立てます。この泡立てがなかなか出来ないことないですか?ポイントとしては水分量、空気の量、シャンプー剤の量が適量であればどんどんモコモコ泡立ってきます。泡が重たい様であれば水分が足りません。またジャバジャバな泡であれぼシャンプー剤が足りていないのでその際は少しずつ足していきましょう!

泡立てが終われば指の腹を使って全体を優しくマッサージするように洗っていきましょう!

決して爪を立ててはいけませんよ!爪によって頭皮が傷付きフケの原因やカラー、パーマ剤がしみたりする原因にもなりかねます。

指の腹で優しく隅々まで、特にこめかみ、モヒカンライン、生え際、頭頂部が皮脂が溜まりやすいのでしっかり丁寧に洗います。

4.すすいでいきます

このすすぎはみなさんどれぐらいやってますか?泡がなくなって、はい!おしまい!ではいけません。

髪の毛をシャワーで濡らす

出典:googirl.jp

シャンプー後のすすぎはシャンプー前のすすぎ同様2〜3分かけてしっかりと行いましょう。
とくにフェイスラインの生え際、頭頂部、襟足、耳後ろは流し残しが多いです。しっかり丁寧にすすいでくださいね!
全てのシャンプー剤を洗い落とすイメージがベストです。

5.トリートメントで仕上げましょう!


仕上げでもあり綺麗な髪を維持する為のトリートメント。これを何気なく頭皮からベッタリ付けていませんか?
ものによっては頭皮から付けるものもあります。表記されている通りに使用するようにしましょう。
目安としてダメージケア様であれば髪の毛のみ、スキャルプ、頭皮ケア様であれば頭皮から付けていきましょう。
トリートメントを付ける際はまず毛先から付けて徐々に中間まで伸ばしていきます。
根元付近の髪の毛は至って健康である為あまり必要ありません。
ここでポイント!!!

毛先、中間に塗布したトリートメント。これをコームなどで更に馴染ませます。
この一手間でビックリするぐらいサラサラになるんですよー!何事にも一手間は大事ですね。

あと、トリートメントの放置時間。。。
これは表記されている時間が一番の目安です。より一層効果を高めるのであればホットタオルなどで包むとより効果の高いトリートメントができますよ。

このトリートメントのすすぎはシャンプーのすすぎほど行わなくてもかまいません。
ヌルヌルからツルツルに変わったタイミングで終了でOKです!

さてさて長々と読んで頂きありがとうございました。
最初は慣れないし少し面倒なところもあるかとは思いますが一生を共にしていくシャンプーです。慣れてしまえばこっちのもんです!今一度ご自身のシャンプーの仕方と比較していただきこれからの参考になれば幸いです。是非とも実践してみてくださいね!

hatta_s

八田 利宏 Lanterna MODE K’s 甲東園店 サロンディレクター

スタイリスト歴12年。現在は甲東園店のサロンディレクターを務める。長年蓄積した経験をもとに、自宅でもできるヘアケアの重要性を提唱。髪質の根本的な改善によるスタイリングを目指し、お客様から絶大な人気を得ている。

このスタイリストで予約

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>